コンサルティングの仕事に近い側面も持つ

IT業界の業種の中でもエンジニアの仕事にコンサルティングの側面も強くあるのがSIerの特徴です。顧客にヒアリングを行って課題を明確にし、適切な戦略の提案とシステムの考案を行うという流れで始まるのがSIerにおけるプロジェクトであり、顧客へのコンサルティングを行わなければ何も始まりません。

また、システムを納品した後も、生じている課題やトラブルなどについて適宜コンサルティングを行うことがあり、顧客とのつながりを大切にしなければならない仕事となっています。言わば営業活動としての側面がコンサルティングの業務に近く、一般的な企業では専門の人員を割くのが通常でしょう。

しかし、IT系の業界ではそれがリスクになる可能性があるのが事実です。高い専門性を持って話を進めなければならないからであり、エンジニアとしての能力がコンサルタントにも求められています。

そのため、コンサルティングを行う要員の獲得が重要になっており、役割分担を進めて女性を起用する企業も増えてきました。話を聞くという点においては女性の方が向いているというイメージからではないかと思います。まだIT系では少ない女性に活躍してもらう方針を取ることで、より顧客の印象に残り、仕事を獲得しやすくなることも期待されているようです。

SIerでは残業が多いのは女性にとって問題点となりがちですが、それを厭わなければ活躍できる機会が増えてきているのが現状です。女性エンジニアにとってはコンサルティング能力を育むのが将来性を高める方法となるのではないでしょうか。

Comments are closed.

TOP