SIerが抱える課題

SIerと聞くと、多忙だというイメージを持つ人は多いと思います。そもそもSIerとは、システムインテグレーターのことであり、ネット社会の今では、そのニーズが急拡大している職種と言えるのではないでしょうか。

連日のように残業している光景がたびたびクローズアップされています。最近では、エンジニアやプログラマーの数自体も増えていますが、その要求されるレベルが高いことや、次から次へと変化を見せるニーズに対応するためにかかる時間が多くなっているのでしょう。

残業時間が多いということで、余暇や趣味のための時間がなくなってしまうというデメリットがあることも、徐々に問題視されるようになっています。ライフワークバランスや働き方改革などといった言葉が声高に叫ばれている今、エンジニアやプログラマーの長時間労働という現実を無視することできません。

それぞれのグループやチームのリーダーやマネージャーは、部下である社員の健康状態はもとより、残業時間の状況にも目を配る必要があります。心と身体の健康が満たされることが、組織力を一段と向上させることにつながりますので、長時間労働を歓迎するような雰囲気はなくなっていくでしょう。

とはいえ、自らに与えられた目標の達成が必要なことも事実です。スキルのレベルアップを図り、効率や生産性を上げることが課題と言えるでしょう。

更なる活躍が求められるSIerの忙しさは、人材不足など様々な問題も影響するため、スキルやノウハウを磨き上げても簡単には解消されないことも可能性として十分考えられます。もしこの先残業ばかりの状況に苦しむような時は、転職して環境を変えることを視野に入れる必要があるかもしれません。

[転職を考えるSIerのための参考サイト>>残業が多いSIerからの卒業

Comments are closed.

TOP